製材品紹介

TOP > 製材品紹介 > 造作材 > 枠材

商品一覧
杉│床板
杉│羽目板(赤身)
杉│羽目板(白太)

宇都宮大学×田村材木店×森林認証=??? 正解はこちら

造作材│日光産 杉 無垢 枠材

造作材

枠材

日本の建築に、日本の木を使う。

日本は古来より日本の木で家造りをしてきました。
中でも、その木目の美しさから「スギ」は化粧材としての造作材に使用されてきました。

「日本の建築に、日本の木を使う。」
当然の響にも聞こえるこのフレーズは、現在の建築事情に於ける
国産材使用率3割から考えれば当てはまらないのが現状です。
戦後、外国産の木材が多く輸入されるようになり、安価で流通量が安定した外国産材が一般建築の主流となっていました。
中でも、窓や建具の枠に使用される部材は、ベニヤに代表される新建材や外国産材が主流として大半を占めてきましたが、近年の本物志向、自然志向の追い風を受け、今では国産材の家造りを進める上では欠かすことの出来ないのが「杉枠材」です。

国産材住宅=杉無垢枠材

杉ほど日本の生活文化になじみ深い木はありません。
その杢目は古来より天井板や造作材などの化粧材に使用されてきました。栃木県の日光地区に於いても、「杉」は最も身近な樹種として古くから植林活動が行われ、面積で36%、材積で57%を占めており、最も建築に使用されている有用樹種です。

創業100年を迎えようとしている材木屋である田村材木店が提供する「日光産 杉 枠材」は、樹齢80年以上の密度の高い辺材を、ゆっくりと天然乾燥施設で自然乾燥させた、国産材の家づくりには最も適した造作材です。

国産材住宅=杉無垢枠材

本物の「枠材」

無垢材はその「木材」としての特性から、湿度などの住環境の変化を受け、収縮や膨張を繰り返します。こうした寸法の変化を最小限に抑えるため、十分な乾燥や適切な木取りが必要になります。
乾燥や製品管理の点で外国産に遅れを取っていた結果、枠材の市場を席巻された国産材ですが、日光産の樹齢80年を越える建具用の良質な原木と、職人が木取りする確かな製材、そして天然乾燥施設でゆっくりと乾燥させた製品管理から生まれる、本来あるべき日本の住宅に適した「枠材」を田村材木店は提供いたします。

本物の「枠材」

日光の杉は日本最高品質

食にも名産地があるように「杉」にも名産地があります。日本の木の代名詞ともいえる「杉」は、東西に長い列島の中心に位置する栃木に良質な産地があります。
温暖な地域で生育したスギは成長が早い分、木目が粗く強度が低いスギが育ち、寒冷な地では雪害に影響され欠点の多いスギになるとされています。全国の中には特別なスギが生育される場所が点在しますが、日光はスギが生育するには最も適した環境にあり、日光杉並木街道に代表されるように、日本最高品質が育つ「スギ」の名産地です。

日本地図

在庫量日本一

日光地区から出荷される、樹齢80年以上の良質な原木だけを素材に「杉 枠用造作材」として、常時5,000枚程度、全て「耳付き」で天然乾燥施設でゆっくりと乾燥させ在庫しています。

一時も在庫が切れることが無いように、年月を掛けて大量の在庫を保有するまでになりました。
風通しの良い大きな屋根の下でゆっくりと乾燥しています。お時間の御都合が付きましたら、是非見学にお越し下さい。

色合わせ・木目揃え

実際に使用する際の大切なポイントとして「ロス材」が発生しない事が挙げられます。
一般的に市場に出回る「杉枠材用造作材」は、色の指定や樹齢・木目の指定ができない場合が殆どです。

杉は赤身・白太の色合いのコントラストがとても強く木目がはっきりしている為、必ず色合わや木目を揃える事が必要になりますが、納品された中に、赤の強いものや黒いもの、板目や柾目が混在していたら化粧材として使用する上で統一性に欠ける事になります。実際には使えないといったロスが発生しないよう、色合わせと木目を揃えて納品いたします。

日光産  杉  無垢  枠用造作材の規格

枠材の規格は長さと厚みの組み合わせです。
長さ:4000ミリ 又は 3640ミリの2種類
厚み:36ミリ 又は 30ミリの2種類

厚みの違いと共に、其々に若干特徴が異なりますので、下記をご確認下さい。

長さ・4000mm 3640mm 厚み36mm 30mm
厚み36mm
長(mm) 厚(mm) 巾(mm) 等級
4000・3640 36 120〜300程度まで 源平(赤・白込み)・無節上小込み

厚み36ミリは主に樹皮に近い外側から2枚目で製材するので、基本は板の中央に赤身が入った「源平」の製材品が中心となります。主な用途は枠材としては勿論、比較的小さめのカウンター材や、一定の巾(150〜180o)に耳を落して30ミリ仕上げの床板などに実加工して納品させて頂いています。

厚み30mm
長(mm) 厚(mm) 巾(mm) 等級
4000・3640 30 90〜240程度まで 白太(辺材)・無節

厚み30ミリは樹皮に最も近い白太(辺材)の節の無い部分(無節)だけを製材した製材品です。主にサッシ枠やドア枠などの枠用造作材として出荷しています。白一色の造作材になりますので、枠材だけに留まらず、幕板や笠木、造作家具などにも広く御利用頂いています。

田村材木店の木取りの基本形は1枚目30ミリ。2枚目36ミリ。3枚目45ミリになります。1枚目で製材する30ミリは白太で無節が基本。2枚目で製材する36ミリは内側に寄る分、30ミリ板より巾が広い板が取れます。色は白に赤が含まれる源平が中心で、小さな節が含まれる場合があります。1枚目:30ミリ(辺材:白太)2枚目:36ミリ(辺材・心材:白太・源平)

御注文方法と納品方法

START

まずはお問い合わせ下さい。
御注文方法やお見積もり方法が御理解頂けましたら、FAXやメールで必要な寸法を記載した、見積もり依頼書や注文書をお送り下さい。

注文内容が確定したら、天然乾燥施設で6ヶ月以上経過した原板の中から、含水率(15%以下)と品質基準をクリアした材を、御注文の内容に合わせ必要な数量を準備していきます。

枠用造作材の納品方法が選択できます。

  • STEP1 天然乾燥の耳付き原板で納品
  • STEP2 巾だけを指定の寸法に製材して納品
  • STEP3 巾と長さを指定の寸法に製材して納品
  • STEP4 プレーナー・超仕上げ加工を施し納品
納品方法01

STEP1 天然乾燥の耳付き原板で納品

納品方法01 「耳付板」

板の両端に原木(丸太)の丸みが残ったままの状態を「耳付き(みみつき)」と業界用語では呼称しています。この耳付き板の状態での納品になります。

製材後、表面(木表側)には、干割れを防止する為の木工用ボンドによく似た割れ止め用のボンドを塗布して、天然乾燥施設で基準に達した材から出荷をします。

耳付き板は、製材・乾燥後何も手を掛ける事無く、その状態のまま出荷する製材品になります。
手を掛けない分、最も安価で御提供することが出来ます。

寸法の計算は、実際に使用できる耳を除いた内側の末口側(頭の方)の内径で算出します。
ある程度在庫が出来る環境があり、且つ加工が出来る環境があれば、最も有効にロス無く使える納材方法になります。

※特段御指示が無い場合は、天然乾燥(含水率15%以下を基準)に出荷しておりますが、用途によっては、含水率の指定がある場合があります。その際は、補助的に人工乾燥を行い御指定の含水率に調整する事が可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

耳付き原板で購入される場合は、加工する手間と在庫が出来る状況があれば非常にお得です。

丸太(原木)は少し極端な例えになりますが円錐形をしているので、先端(末口)と根(元口)では大きさが異なります。木を板状に製材した場合も板の末・元の両端では板巾が異なってきますが、こうした場合の木材価格の算出方法は末側の巾の狭い方で算出するので、状況に応じて長さを自由にカットしてご使用される場合は、元の方にいくほど板巾が広く使え、しかも価格は上記写真で言えば160ミリの価格で220ミリの板が使える計算になります。
尚、巾を1寸(約30ミリ)単位でご注文頂いた場合、5寸(約150ミリ)は150ミリから179ミリが含まれますので更にお得になります。

【御注文・御見積もり 記載例】
用途 樹種 等級 乾燥 長  厚  巾(mm) 数量 備考
サッシ枠 スギ 白 無節 天然乾燥 3640 × 150程度 × 30 12 耳付き
ドア枠 スギ 白 無節 天然乾燥 4000 × 180程度 × 30 8 耳付き
カウンター スギ 赤白・
無上小込
天然乾燥 3640 × 210程度 × 36 4 耳付き
  1. 厚みは30ミリ・36ミリから選択して下さい。
  2. 長さは4000ミリ・3640ミリから選択してい下さい。
  3. 30ミリは白無節・36ミリは赤白源平込みの無節上小込になります。
  4. 巾は耳付の実際に使える部分の内径になりますので、180ミリ程度と記載された場合は、180〜209ミリまでが納品されるので大変お得です。
配送に関して
全国発送しております。
少量の場合には宅配便等にて発送致しますが、長物になりますのである程度の数量をまとめてチャーター便で配送させて頂く方がお得です。尚、長さが2m以下の場合はパレット積みでの宅配便発送(お近くの支店留め)が可能になりますので、4000・3640ミリの長さが必要ない方は御相談下さい。
納品方法02

STEP2 巾詰めラフ(荒材)仕上げで納品

納材方法01「耳付板」+納材方法02「巾詰め製材」

納材方法@の耳付板と同じ基準で準備した原板を、御指定の寸法に沿って巾を製材機で切落して納品いたします。

基準は耳付板と同じですので、製材した状態で天然乾燥を経て仕上げ加工は行わないラフ(荒材:挽きっ放し)の状態になります。

巾はミリ単位で御指定ができますが、注意が必要なのは、ラフ材での納品となりますので、その後仕上げ加工の際の削りシロを見込んでの寸法指定が必要になります。

必ず確認は致しますが、御指定の寸法が「仕上寸法」なのか「削りシロまで見込んだ寸法」なのかの記載をお願いします。

余った場合の在庫保管や、若干の寸法の変更にも対応できる為、この納品方法が最も多く御注文を頂いている納品方法になります。

【御注文・御見積もり 記載例】
用途 樹種 等級 乾燥 長  厚  巾(mm) 数量 備考
サッシ枠 スギ 白 無節 天然乾燥 3640 × 135 × 30 13 荒材寸法
ドア縦枠 スギ 白 無節 天然乾燥 4000 × 155 × 30 9 荒材寸法
ドア縦枠 スギ 赤白・
無上小込
天然乾燥 3640 × 170 × 36 5 仕上寸法

※@の耳付き原板の価格に巾詰め費が加わった単価となります。

  1. 御注文・お見積もりの際の書式は通常皆様がお使いになられている注文書・FAX送信書でOKです。
  2. 「仕上がり寸法」又は「荒材(ラフ)寸法」の指示をお願い致します。
  3. 荒材の場合は記載された寸法でお見積もり・御注文を承ります。仕上がり寸法で記載された場合は、長さはプラス10〜50ミリ、巾はプラス5ミリでお見積もり・納品をさせて頂きます。
  4. 実際に使用する用途や仕上げの方法なども記載して頂けますと、準備する上でより良い材料を準備できる参考になりますので御協力お願い致します。
  5. 尺貫法で記載された場合は、ミリに変換した上で御確認をさせて頂きます。
配送に関して
全国発送しております。
少量の場合には宅配便等にて発送致しますが、長物になりますのである程度の数量をまとめてチャーター便で配送させて頂く方がお得です。尚、長さが2m以下の場合はパレット積みでの宅配便発送(お近くの支店留め)が可能になりますので、4000・3640ミリの長さが必要ない方は御相談下さい。
納品方法03

STEP3 巾詰め+長さカットラフ(荒材)仕上げで納品

納材方法01 「耳付板」+納材方法02「巾詰め製材」+納材方法03「長さカット」

納材方法Aの耳付板を巾詰めした状態の製材品を、ご指定の長さに切って納材する方法です。

長さのカットに際しては、木口にバリが立つ場合がありますので、ご指定頂いた長さに「切りシロ」を付けプラス10〜50ミリ程度の余裕をもって切断し納品致します。

長さカットの場合は、部材の使用箇所が指定されている場合がほとんどですので、木割り書に合わせ切断面にNoを記載致します。

また、使用箇所が限定されることから、万が一の不備に備え、状況に合わせて弊社負担で予備材を含めて納品しております。

【御注文・御見積もり 記載例】
用途 樹種 等級 乾燥 長  厚  巾(mm) 数量 備考
WD-1 縦枠 スギ 白 無節 天然乾燥 2650 × 170 × 30 4 荒材寸法
サッシ窓枠 スギ 白 無節 天然乾燥 850 × 130 × 30 16 仕上寸法
片引敷居 スギ 赤白・
無上小込
天然乾燥 1800 × 215 × 36 11 荒材寸法

※Aの巾詰めラフ仕上の価格に長さカット費が加わった単価となります。

  1. 御注文・お見積もりの際の書式は通常皆様がお使いになられている注文書・FAX送信書でOKです。
  2. 「仕上がり寸法」又は「荒材(ラフ)寸法」の指示をお願い致します。
  3. 荒材の場合は記載された寸法でお見積もり・御注文を承ります。仕上がり寸法で記載された場合は、長さはプラス10〜50ミリ、巾はプラス5ミリでお見積もり・納品をさせて頂きます。
  4. 実際に使用する用途や仕上げの方法なども記載して頂けますと、準備する上でより良い材料を準備できる参考になりますので御協力お願い致します。
  5. 尺貫法で記載された場合は、ミリに変換した上で御確認をさせて頂きます。
配送に関して
全国発送しております。
原則、関東近県以外は宅配便等にてパレット積みで発送いたします。その際はお近くの宅配業社の営業所若しくは支店留めとなりますので、お引取りをお願いしております。納品場所にフォークリフト又はチェーンブロック等がある場合は、チャーター便の方が配送費が安く上がる場合が有ります。詳しくはお問い合わせ下さい。
納品方法04

STEP4 プレーナー仕上げ・超仕上げで納品

納材方法01 「耳付板」+納材方法02「巾詰め製材」+納材方法03「長さカット」+納材方法04「各種加工」

御注文の寸法に合わせ、天然乾燥の耳付き板を天然乾燥施設から運び出し、必要な寸法に巾を詰めてから長さのカットを行い、ご依頼の仕上げ内容に沿って仕上げ加工を行います。

仕上方法は大きく分けて3通りです。
T プレーナー仕上げ ラフの状態から直接加工。 U 超仕上げ 一旦プレーナー仕上げを行ってから仕上げ加工。V その他加工 加工状態に合わせ都度対応します。
T プレーナー仕上げ

プレーナー仕上げは、仕上寸法より5ミリ程大きく製材した荒材(ラフ)材を、上下左右4箇所の刃物が付いた加工機で4面削って納品いたします。
プレーナー機は基本的に、寸法を決める(揃える)為の加工機になりますので、コンマミリ単位での微調整が可能ですが、加工時に刃物跡(ナイフマーク)やローラー跡が付きます。用途によってはこの状態で十分な使用用途も想定できますが、造作材としては最終仕上前の加工品として御理解下さい。

U 超仕上げ

超仕上げは一般的に造作材の最終的な仕上方法として用いられる加工方法です。特段御指示が無い場合は4面超仕上げ加工を行い、現場でそのまますぐに施行できる事を前提として納品致します。尚、長さのみ「伸び」を付けて納品致しますので、現場での調整をお願いしております。また、原板の長さは原則4000ミリ・3640ミリの2種類になりますので、サッシ枠などの複数個所同じ寸法を御利用の場合は、長尺での納品も可能です。

V その他加工

長さは4000ミリ・3640ミリの2種類、厚み30ミリ・36ミリの2種類、巾90ミリ程度から300ミリ程度まで。この原板の寸法範囲内であれば様々な加工形状を作り出すことが出来ます。例えば36ミリの原板の巾寸法を統一して実加工を施せば、30ミリ厚みの床板が作れます。表面の加工形状を少し変えて、溝を掘り込み更に実を付ければ、スリット加工の羽目板(壁板・天井板)にもなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

近年では土地利用の問題から加工をする場所が無い場合や、加工後の残材処理が難しいといった二次加工に伴う課題があることで、こうした「プレーナー仕上げ・超仕上げ」での納品が増えております。また、納期短縮に伴い手間の掛かる枠材加工を敬遠され新建材をご使用されている業社様も増えてきているのが現状です。

田村材木店では日本一の在庫量を目指し常時在庫を切らす事無く、
安定的にそして迅速に対応いたします。

【御注文・御見積もり 記載例】
用途 樹種 等級 乾燥 長  厚  巾(mm) 数量 備考
サッシ窓枠 スギ 白 無節 天然乾燥 3000 × 135 × 21 20 超仕上げ
引戸敷居 スギ 白 無節 天然乾燥 1820 × 118 × 22 14 超仕上げ
ドア縦枠 スギ 白 無節 天然乾燥 2150 × 103 × 24 13 超仕上げ
片引縦枠 スギ 白 無節 天然乾燥 1900 × 120 × 25 8 超仕上げ
片引鴨居 スギ 赤白・
無上小込
天然乾燥 1800 × 118 × 30 2 超仕上げ

※Bの長さカット迄の費用に各種加工費が加わった単価となります。

  1. 御注文・お見積もりの際の書式は通常皆様がお使いになられている注文書・FAX送信書でOKです。
  2. プレーナー仕上げ・超仕上げ等の、納品時の仕上加工方法を御指定下さい。
  3. 寸法の記載方法は「仕上の寸法」で記載して下さい。
  4. 実際に使用する用途や仕上げの方法なども記載して頂けますと、準備する上でより良い材料を準備できる参考になりますので御協力お願い致します。
  5. 尺貫法で記載された場合は、ミリに変換した上で御確認をさせて頂きます。
配送に関して
全国発送しております。
少量の場合には宅配便等にて発送致しますが、長物になりますのである程度の数量をまとめてチャーター便で配送させて頂く方がお得です。尚、長さが2m以下の場合はパレット積みでの宅配便発送(お近くの支店留め)が可能になりますので、4000・3640ミリの長さが必要ない方は御相談下さい。