製材品紹介

TOP > 製材品紹介 > 杉│羽目板(赤身)

商品一覧
杉│床板
杉│羽目板(赤身)
杉│羽目板(白太)

宇都宮大学×田村材木店×森林認証=??? 正解はこちら

杉 無垢│羽目板(赤身 節有)壁・天井・腰板

古紅 kobeni

古き良き日本の木の文化

杉(スギ)という木は、古来より自由で穏やかな年輪による木目の美しさから、「化粧材」として天井板をはじめとする、廻縁、長押、鴨居などの視覚的美しさを求める造作材に多く利用されてきました。
田村材木店が造る「古」と名のつく杉羽目板は二種類。

『樹齢の「古」い原木からのみ生産され歴史を重ね「古」くなるほどに味わいが増す。』

現代建築に適した壁材・天井材等の面材として古き良き日本の木の文化を受け継ぐ羽目板です。
幾千通りもある杉羽目板の種類の中から田村材木店が行きついた、赤も白もお互いが混在しない純粋な羽目板です。

栃木県は全国的に見ても優良な木材の産出県として有名です。温暖で成長量の早い九州材と比べ、その気候は適度な成長量を促し真円に育ち目の詰まったヤング係数の高い木材が多く産出される事や雪害の影響を受けない北端としての栃木県は製材業者としては理想の地でもあります。
田村材木店が「古白」「古紅」を生産できるのも、この栃木県に所在するからと言っても過言ではありません。

「古紅」kobeni

「古紅」は日光赤杉フローリング同様、日光産杉の「心材(赤身)」だけで造る羽目板です。杉は他の樹種と比べ辺材(白太)と心材(赤身)の色合いがはっきりとした樹種です。特に杉は同じ心材でも産地や樹齢、品種や環境が変わると個体差により、同じ杉とは思えない「心材色」の違いが顕著に表れるのも特徴の一つです。例えば弊社の地元「日光」には特別史跡・特別天然記念物の二重指定を受けた「日光杉並木」がありますが、この杉は日光産の杉と比べて心材部分が濃い赤茶系の色合いをしています。また、我々業界では俗称として「黒心(くろしん・くろじん)」と呼称する心材部分が赤色ではなく黒色のものもあり、その色は様々です。こうした事から単純に杉の心材という概念だけで羽目板等の化粧材を生産した場合、貼り上りに色斑ができる事になってしまいます。通常市販されている心材の羽目板と古紅との大きな違いの一つがここにあります。

また、樹齢を重ねた樹木は枯れ落ちた枝跡を包み隠すように成長していく為、中心部に近づくにつれ「生節」「死節」が現れてきます。通常の市販品はロス材を減らす為、「死節」や「抜節」を最終加工直前で、枝等から造った「埋め節」や液状のパテなどを用いて「埋め節加工」を施すのが一般的ですが、古紅はこうした不自然な処理は行いません。

古紅は個体差に左右される色や杢目、節の程度の違いや死節・抜節を極力抑える為、産地・樹齢など原木の段階で出来る限りの選別を行い程度の均一化を図り、製材後の分別管理を経て、乾燥後出荷前の最終分別で乾燥を経た後の色合いと節の状況を確認し、不適合な製品は下地材等の別用途に形状を変え、幾つもの工程を経て古紅は完成します。

製材

古紅を製材するに際して、それに適した原木は極端に限られてきます。
古紅は80年生以上の日光産杉原木から生産される、心材(赤身)の節有材です。当然のことながら樹木は枝を張り光合成を行いながら成長していきますので、苗木のような若木の時は人の背丈の所から枝が出ており、次第に大きくなるにつれ、枝は枯れ落ちその枝の跡は幹に包まれて成長していきます。これは樹齢を重ねた高樹齢の原木になると顕著に現れます。結果、製材が進むにつれ死節が出現する事が多くなりますが、高樹齢の大径木からでないと心材だけでの羽目板を造る事は出来ません。こうしたことから古紅の生産に於いて原木の選定は最も重要な要素となります。

古紅用の原木は通常品の原木とは種類が異なり、年間を通して安定的に入荷が見込めるものではありません。時期の良い時に貯めていた原木を、それだけを狙って一度に製材していく為、弊社の在庫状況もその都度大きく変わります。

古紅は「色」「杢目」とあわせ「節」の見せ方はとても重要なポイントです。節の程度は、全ての面に均一に節が入るよう考慮しながら製材をしておりますが、同じ原木から製材した原板でも一枚目と二枚目では節の表情が大きく変わります。壁面材として使用する事を前提に、複数枚を並べて貼り上げた際に全体が統一した「赤身・節」になるよう心掛けて製材をおこないます。

加工形状

加工形状は「古白」同様、「ドイツ目透し形状」を元にした弊社オリジナル改良版を採用しています。
メス実の上端が長く横貼りの際に、下から施工が出来るメリットがある反面、オス実に釘を打つ際に場所からずれると釘頭が露出してしまう事があります。こうした釘頭の露出を防ぐため、釘打ちの場所を指定した「釘打ちライン(釘打ち溝)」を掘り込んでいます。
また、大面取りになっており、横貼りにした際にも埃が角溝(箱溝)よりも溜まりづらく、目透し形状は常時変化する湿度に影響される木材収縮・膨張に対し、突き付け本実よりも変化が目立ちづらいというメリットがあります。
この形状は縦貼り用にも適しておりますが、施工の際に様々な課題を抱える横貼りにも対応が出来る羽目板として、田村材木店の「古白」「古紅」に標準採用しております。

多種多様な要望にお応えし、加工形状を変更する事が出来ます。
古白・古紅共に、通常は実加工を施しすぐに出荷が出来る状態での在庫量は少量に留め、ある一定の数量以下に在庫が減ると少量加工し補充する。というサイクルを繰り返しています。加工後は少なからず変形・膨張・収縮が起こりますので仕上げた状態で保管する事が難しく、常時「原板」の状態で管理し天然乾燥を進めています。

以上の事から、原板の状態での在庫が基本となりますので、ご注文の状況により加工形状をご要望に合わせて加工する事が出来ます。加工の形状は、角溝・大面取り・R溝などといった目透しの形状やその巾、縁甲板などに用いられる突き付け加工、本実や相杓りなどの実加工、表面のサンダー仕上げ加工など、余程特殊な加工でなければ通常対応が可能で、単価も大幅に上昇する事はありません。これ以外にも特殊な加工が必要な際は大幅に価格も変わりますが「刃型」を制作する事で対応が可能になります(一旦刃型を作った後は次回以降の加工価格は通常加工と同程度の価格で制作する事が出来ます)。

尚、注意しなくてはならないのが、こうした弊社の基本加工形状以外の特注加工の場合は、一度に加工する坪数が20坪を下回る場合は割高になる事、不足分が出た場合の追加加工が難しい事が挙げられますので、20坪以上を目安に不足分も考慮しご発注を頂けますよう宜しくお願い致します。
また、古紅は加工前の「原板」の状態(ラフ・荒材)や実加工無しの4面プレーナー仕上げなどでの納材も行っております。詳しくはお問い合わせください。

※古紅の原板寸法 (長)3640mm×(厚)16mm×(巾)185mm :(注)乾燥後は巾寸法が180mm前後となります。

用途

古紅は「赤身」「節有」であることが視覚的な要素としては最大の特徴です。厳選した赤一色の節有材ですので、源平(赤白込)と比べて統一した赤身独特の重厚感があり、自然な節のにぎやかさの中にも落ち着いた雰囲気を楽しむ事が出来ます。壁面や天井面一面全てにご使用された場合、木を楽しむという点に於いて「木の家」を演出するには最適で、腰板等の一部に使用される場合は昔ながらの「和」を演出する事が出来ます。また、壁面に間隔を置き白壁と交互に貼り上げる方法やラインを引くように一部ポイントとして使用された場合、赤の節有がより一層強調され「木」の良さを実感できます。尚、照明や日光の照らし方一つで表情が大きく変わるのも古紅の特徴です。また、心材(赤身)は腐りにくいという特性がありますので、湿度の高い室内や水廻りでの使用は勿論の事、外壁板や塀材などの屋外使用にも有効です。

特長

古紅(心材)の最大の特徴は「腐りにくい・寸法変化が少ない」この2点に集約されます。その他にも密度が高く比較的傷が付きづらい等という利点もありますが、羽目板としての用途の場合この二つは最も有効なメリットと言えます。

少し難しくなりますが、心材(赤身)は辺材(白太)の柔細胞が死ぬことで辺材から心材に変化していきます。 これを「心材化」といいますが、柔細胞がそれまで蓄えていたデンプンや糖類などの栄養分を、防腐・防菌の働きのある物質に変えていきます。この働きによって心材は辺材よりも腐りにくくなります。この働きは自然界に於いて「木」自身の自衛策だとも言えます。

また、心材はシロアリに対しての抵抗性が大きい事も挙げられます。抵抗性の分類としては、コウヤマキやアカガシに続き、ヒノキの心材と同等の抵抗性があります。

こうした事から、湿度や外気の変化に対応できるので、脱衣室等の室内は勿論、外壁材や塀材としてのご利用にも有効です。
また、心材は辺材に比べ密度が高く傷が付きづらい事や、辺材の外周部に比べ心材の中心部は寸法変化が少なく湿度の変化にも有効であるというメリットがあります。

古紅は赤身(心材)の羽目板ですので、材としてのデメリットよりも、視覚的な用途の選定が必要になります。古紅の基本でもある「比較的幅の広い見付160mm・赤身・節有」は視覚的な影響が強く羽目板自体の主張が大きくなります。

また使用量が増える程に「和」になっていくのも杉の特徴の一つです。これを踏まえ四方全面に使用される場合や洋風にしたい場合などは、貼り上りの雰囲気を加味してご利用頂けますようお願い致します。

古紅の規格と価格

商品名:
日光産杉 赤身節有羽目板 「古紅(こべに)」
樹 種:
杉(スギ・すぎ)栃木県日光産
サイズ:
3640×12×160(長×厚×巾mm) ※1
単位:
6枚入れ/1束(3.495m2:1.05坪)※2
表面仕上:
超仕上(カンナ仕上)無塗装
等 級:
赤身(心材)節有 (埋め節無)
加工形状:
田村オリジナル本実(目透し(3mm) 大面取り 裏側反止溝付 釘打ち溝付き)
乾燥方法:
天然乾燥 ※3
価格(税込):
¥16,500(6枚入)/1束 税抜
納 期:
受注より4週間程度 ※4
※1
長さの基本在庫は3640mm(12尺)になりますが、原木の入荷状況により4000mmのご注文もお受けできる場合があります。詳しくはお問い合わせください。また、ご要望に合わせ長さのカットも承ります。
※2
原則1枚単位のバラ出しはしておりませんが、加工形状の変更等に伴う受注生産の場合に限り、枚数単位での納材が可能です。
※3
含水率の指定がある場合は人工乾燥での調整が可能です。詳しくはお問い合わせください。
※4
在庫状況により納期が変動する場合がございますので、ご使用の日程が決まり次第お早めに在庫の確認及び納期の確認をお願い致します。

ここにご紹介している「羽目板」は弊社の扱う製材品の極一部に過ぎません。特に「古白」「古紅」は杉の羽目板の注文として最も多い製品で、創業時から『腐りにくい「赤身」だけの羽目板を』『節の無い白一色の羽目板を』といった大工さんからの要望にお応えするために生産を始めたものです。

何時からかこの2種類の羽目板は弊社の定番となっていますが、基本弊社は注文材の製材工場なので、ご注文に沿った「長さ・巾・厚み」といった寸法や、「赤身・白太・源平」といったの指定、「節有・無節・上小節」等の節の等級、そしてすでに記載しています「加工形状の指定」まで幅広く対応する事が可能です。勿論、日光といえば業界では有名な「桧(ヒノキ)」の分布としては最北限で優良材の産地ですので、この桧の羽目板や床板(フローリング)もこうしたご要望に合わせ生産する事ができます。

羽目板の種類は無限大なのだ!アイディア一つで様々な加工形状が作り出せるのも羽目板の良い所なんだよ。「こんな羽目板があったらいいな」と思いついたら相談してね。