製材品紹介

TOP > 製材品紹介 > 杉│羽目板(赤身)

商品一覧
杉│床板
杉│羽目板(赤身)
杉│羽目板(白太)

宇都宮大学×田村材木店×森林認証=??? 正解はこちら

杉 無垢│羽目板(赤身 節有)壁・天井・腰板

古白 kohaku

古き良き日本の木の文化

杉(スギ)という木は、古来より自由で穏やかな年輪による木目の美しさから、「化粧材」として天井板をはじめとする、廻縁、長押、鴨居などの視覚的美しさを求める造作材に多く利用されてきました。
田村材木店が造る「古」と名のつく杉羽目板は二種類。

『樹齢の「古」い原木からのみ生産され歴史を重ね「古」くなるほどに味わいが増す。』

現代建築に適した壁材・天井材等の面材として古き良き日本の木の文化を受け継ぐ羽目板です。
幾千通りもある杉羽目板の種類の中から田村材木店が行きついた、赤も白もお互いが混在しない純粋な羽目板です。

栃木県は全国的に見ても優良な木材の産出県として有名です。温暖で成長量の早い九州材と比べ、その気候は適度な成長量を促し真円に育ち目の詰まったヤング係数の高い木材が多く産出される事や雪害の影響を受けない北端としての栃木県は製材業者としては理想の地でもあります。
田村材木店が「古白」「古紅」を生産できるのも、この栃木県に所在するからと言っても過言ではありません。

「古白」kohaku

杉は赤と白の濃淡がはっきりした樹種で、両方が入った色合いの状態を源氏と平家の旗の色に例え「源平」と呼んでいます。
板材を製材する場合、この源平を含む板取が最も効率よく製材できるので、杉の羽目板と言えば源平が一般的で市場に最も多く流通しています。これを赤白分けようとした場合、双方を製材時に挽き分ける事が難しく分別コストもかさむ事や、大量生産が中心となった現在の製材形態では、白一色で羽目板を造る事自体に希少価値が生まれています。

「古白」は赤が一切混ざらない樹皮に近い辺材(白太:しらた)の節が無い部位だけで造る羽目板です。
長尺物(3.64m)を基本としていますが、その全てに節が無いもの(上から下まで無節である事)、全てが白太である事は、短尺物(2m以下)とは比べものにならないほど希少です。web上で長尺物の白無節羽目板が出荷されにくいのは、配送上の問題よりも製材時の希少性が非常に高い事が理由として挙げられます。

ごく少量ずつ製材された古白の原板を、弊社の天然乾燥施設でじっくりと乾燥させ、平均して6ヶ月程度経過した材から順次一枚一枚全てを確認しながら、赤身の入った部分を切り落とし、節の出てしまった板そのものを別の用途に変え、幾つもの工程を経てやっと出荷できるのが「日光産杉白無節羽目板『古白』」です。

製材

丸太は一見円柱に見えますが、実際は先に行くほど細くなる円錐形をしています。一般的な製材工場の場合では、この円錐形の丸太を直接長方形に製材するので根元の太い方に近づくにつれ赤身が混入してしまいます。弊社では大量生産には不向きですが台車という比較的製材の自由度が高い製材機を用い、円錐形の丸太形状に沿ったテーパー挽きという方法で、樹皮に近い辺材の部分から古白の原板を製材していきます。
一昔前までは当たり前のように、節が出る直前まで一枚また一枚と丁寧にそぎ落とす感覚で製材していた方法です。大きく落とした古白の原板を、テーブルという製材機で規格の寸法に合わせ巾を決めていきます。

「古白」は「日光赤杉フローリング」の製材中や造作用原木の製材中に「白一色」原板が製材できる場合に於いてのみ生産される副産物です。樹齢80年生以上の原木1本から多くて4枚の板が生産されます。「古白」はその為、長さの単位は3640mm(12尺)が基本となっております。その中から、根杢の部分に赤身が入った場合や一部節などが露出した部分を切り落とすことで長さ3000mm(10尺)材が生産されます。

こうした事から、終日製材を続けても生産される原板は「10〜20枚/日」程。一日で約一坪分の計算です。
量産が出来ない為、大量発注に対応しづらい製品となっています。ご利用をご検討の際には、必ず在庫状況のご確認をして頂けますよう宜しくお願い致します。

加工形状

加工形状は「古紅」同様、「ドイツ目透し形状」を元にした弊社オリジナル改良版を採用しています。
メス実の上端が長く横貼りの際に、下から施工が出来るメリットがある反面、オス実に釘を打つ際に場所からずれると釘頭が露出してしまう事があります。こうした釘頭の露出を防ぐため、釘打ちの場所を指定した「釘打ちライン(釘打ち溝)」を掘り込んでいます。
また、大面取りになっており、横貼りにした際にも埃が角溝(箱溝)よりも溜まりづらく、目透し形状は常時変化する湿度に影響される木材収縮・膨張に対し、突き付け本実よりも変化が目立ちづらいというメリットがあります。
この形状は縦貼り用にも適しておりますが、施工の際に様々な課題を抱える横貼りにも対応が出来る羽目板として、田村材木店の「古白」「古紅」に標準採用しております。

多種多様な要望にお応えし、加工形状を変更する事が出来ます。
古白・古紅共に、通常は実加工を施しすぐに出荷が出来る状態での在庫量は少量に留め、ある一定の数量以下に在庫が減ると少量加工し補充する。というサイクルを繰り返しています。加工後は少なからず変形・膨張・収縮が起こりますので仕上げた状態で保管する事が難しく、常時「原板」の状態で管理し天然乾燥を進めています。

以上の事から、原板の状態での在庫が基本となりますので、ご注文の状況により加工形状をご要望に合わせて加工する事が出来ます。加工の形状は、角溝・大面取り・R溝などといった目透しの形状やその巾、縁甲板などに用いられる突き付け加工、本実や相杓りなどの実加工、表面のサンダー仕上げ加工など、余程特殊な加工でなければ通常対応が可能で、単価も大幅に上昇する事はありません。これ以外にも特殊な加工が必要な際は大幅に価格も変わりますが「刃型」を制作する事で対応が可能になります(一旦刃型を作った後は次回以降の加工価格は通常加工と同程度の価格で制作する事が出来ます)。尚、注意しなくてはならないのが、こうした弊社の基本加工形状以外の特注加工の場合は、一度に加工する坪数が20坪を下回る場合は割高になる事、不足分が出た場合の追加加工が難しい事が挙げられますので、20坪以上を目安に不足分も考慮しご発注を頂けますよう宜しくお願い致します。

また、古白は加工前の「原板」の状態(ラフ・荒材)や実加工無しの4面プレーナー仕上げなどでの納材も行っております。この原板は木裏まで節の無いものが大半を占めていますので、建具用の面板材として、格子等の目隠し材としての用途にも適しています。詳しくはお問い合わせください。

※古白の原板寸法 (長)3640mm×(厚)16mm×(巾)103mm:(注)乾燥後は巾寸法が100mm前後となります。

用途

一般的な「源平」はその濃淡ゆえに強烈な印象を与える事や、色合わせが非常に難しい為、使う場所を選ぶ必要が有りますが、「古白」は赤を含まない「白一色」の化粧性と、節が一切ない「無節」が基本になりますので、和風・洋風どちらの空間にも適応し、木の良さを生かしながらも「しつこくさせない」良さを持っています。木の個性が主張し過ぎずに使用する事ができるのも「白+無節」の特徴です。

主に壁材、天井材として用いられることが多い古白ですが、狭い空間への施工には壁に板を使っても圧迫感を感じさせない事や、天井材としても和風になり過ぎないモダンな空間造りを演出してくれます。また、厚すぎず広すぎない古白の形状はR面に於いて曲線を作り出す事が出来ます。古白の名の通り年数が経つにつれ「琥珀色」に変化するその色は、天井材や壁材などあらゆるシーンに適しています。

特長

辺材(白太)は心材(赤身)と違い成熟材率が高くヤング係数(弾性域における力学的性質:たわみにくさ)が高い事は知られていますが、羽目板の場合こうした強度より重要視して注意しなくてはならないのが収縮率と用途になります。

辺材は心材に比べ耐朽性が小さく、収縮・膨張率等の変形率が高いことが問題として挙げられます。その為「古白」は、外壁や浴室などの直接水がかかる場所や、湿度が常時非常に高い場所には「使用しない」施行のみを対象とし販売致しております。

この特性は「スギ」だけに限らず、他の樹種に於いても同じことが言えます。『ヒノキやサワラは腐りづらい。』このようなフレーズを聞いたことがありませんか?実際には「辺材(白太)」に於ける耐朽性等はスギもヒノキも然程変わらない事が科学的に実証されています。

以上の事から弊社ではその用途を事前にお伺いし「使用不可」の場所への施工の際には、それに対応できる施工方法及び対処方法をご提案しております。

また、その寸法は、湿度により吸放湿する特性を踏まえ、変形量を最少に抑える為、原板巾を比較的狭い100mmに設定し、過剰な乾燥による膨張を防ぐため、弊社の天然乾燥施設でじっくりと時間をかけ天然乾燥のみで仕上げています。「古白」は化粧性に優れ、和洋問わず様々なシーンでご利用頂ける半面、用途を考慮しなくてはならない羽目板でもあります。

古紅の規格と価格

商品名:
日光産杉 白無節羽目板 「古白(こはく)」
樹 種:
杉(スギ・すぎ)栃木県日光産
サイズ:
3640×12×81(長×厚×巾mm) ※1
単位:
11枚入れ/1束 (3.243m2:0.979坪)※2
表面仕上:
超仕上(カンナ仕上)無塗装
等 級:
白太(辺材)無節
加工形状:
田村オリジナル本実(目透し(3mm) 大面取り 裏側反止溝付 釘打ち溝付き)
乾燥方法:
天然乾燥 ※3
価格(税込):
¥18,700(11枚入)/1束 税抜
納 期:
受注より4週間程度 ※4
※1
長さの基本在庫は3640mm(12尺)になりますが、4000mm・3000mmのご注文もお受けできます。その際は必ず在庫の確認をお願いします。また、ご要望に合わせ長さのカットも承ります。
※2
原則1枚単位のバラ出しはしておりませんが、加工形状の変更等に伴う受注生産の場合に限り、枚数単位での納材が可能です。
※3
含水率の指定がある場合は人工乾燥での調整が可能です。詳しくはお問い合わせください。
※4
在庫状況により納期が変動する場合がございますので、ご使用の日程が決まり次第お早めに在庫の確認及び納期の確認をお願い致します。

ここにご紹介している「羽目板」は弊社の扱う製材品の極一部に過ぎません。特に「古白」「古紅」は杉の羽目板の注文として最も多い製品で、創業時から『腐りにくい「赤身」だけの羽目板を』『節の無い白一色の羽目板を』といった大工さんからの要望にお応えするために生産を始めたものです。

何時からかこの2種類の羽目板は弊社の定番となっていますが、基本弊社は注文材の製材工場なので、ご注文に沿った「長さ・巾・厚み」といった寸法や、「赤身・白太・源平」といったの指定、「節有・無節・上小節」等の節の等級、そしてすでに記載しています「加工形状の指定」まで幅広く対応する事が可能です。勿論、日光といえば業界では有名な「桧(ヒノキ)」の分布としては最北限で優良材の産地ですので、この桧の羽目板や床板(フローリング)もこうしたご要望に合わせ生産する事ができます。

羽目板の種類は無限大なのだ!アイディア一つで様々な加工形状が作り出せるのも羽目板の良い所なんだよ。「こんな羽目板があったらいいな」と思いついたら相談してね。